場所を取る蒸し器を買わずに済ませる方法

蒸し物は本物の湯気でやりたい

電子レンジでも、簡単な蒸し物は作れます。

けれど、本物の湯気で作る肉まんやしゅうまいの美味しさは格別です。

どうしてなんでしょうか?また温野菜のサラダも蒸し野菜だと旨味が違いますよね。

でも、大きな蒸し器は置き場所がない、 そんなあなたに、ちょっとした工夫で本格的に蒸し物を楽しむ方法をお教えします。

スポンサーリンク

キッチンにあるものを使って「蒸し料理」

ある物を活用して蒸し料理を始めよう。

  • 普通の鍋を使うなら~あるものを使う『皿』

    普通の鍋に深めの皿か浅い丼をさかさまにして置きます。
    上までつからない程度に水を入れ、 その上に、材料を乗せた皿を乗せて、 火をつけ、水を沸騰させてその湯気で蒸します。

    水がなくなりそうになったら、足してください。
    下に敷く皿をざる(皿が乗るような脚のあるもの)を伏せて使ってもいいですね。

  • 普通の鍋を使うなら~あるものを使う『ざる、金網』

    脚付きのざるや金網(ケーキクーラーなど)に材料を並べ、 材料がつからない程度の高さの水を入れた鍋にセットして蒸します。

    ちょっとした野菜の蒸し物などが向きます。

  • 普通の鍋を使うなら~専用のグッズを買う『簡易蒸し器、せいろ』

    スーパーや百均で売っているステンレス製の折り畳み式の簡易蒸し器。

    普段は扇のように折り畳み、使う時は丸く広げることができるので、ひとつあると便利です。
    ちょっとおしゃれに使うならシリコン製のミニせいろはいかがでしょうか。 そのまま食卓に出すこともできるので、あつあつの飲茶などが楽しめます。

  • 蒸し野菜をよく作るなら、電気蒸し器

    蒸し料理をよく作るけれど、 コンロの口を占領されたくない場合、 電気蒸し器、いわゆるスチームクッカーを買うのも手です。
    水がなくなったことに気づかず、焦がしてしまう心配がないので、便利です。

  • 電子レンジでも専用容器を使えば本格的蒸し料理

    電子レンジでも簡単に本格的蒸し料理ができる専用スチーマーも売っています。
    二段重ねで、水を入れてスチームを出します。数百円ですので、試してみる価値はありそうです。

    また、話題になったことで有名になった「ルクエ(Lekue)」のスチームボックス(蒸し器)シリコン製なども数百円で手に入ります。

蒸し料理は、食材の旨味を閉じ込めて加熱いたしますので、美味しさは抜群です。

また食品によっては余計な脂分なども取り除いてくれますのでヘルシーで美味しくいただけるメリットがあります。

オススメの鍋と蒸し器を使ったレシピ集

私が試してみた中で鍋料理に関する我が家のランキングです。
いろいろ試してみてください!手軽でカンタに手早く出来ますよ♪

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ